MCTオイル|中鎖脂肪酸で認知症予防

diet-403588_1280

中鎖脂肪酸を摂取できることで人気の高いMCTオイル。ダイエットに効果的と話題を呼んでいますが、実は良い影響を与えてくれるのはボディだけではないのです。
実は脳にも良い影響を与えてくれることがわかってきました。
最近物忘れが激しくなった気がする……と感じている方はMCTオイルをチェックしてみましょう。

中鎖脂肪酸は脳の栄養不足を補う

なぜ中鎖脂肪酸は脳にいい?

通常、脳はエネルギーとしてブドウ糖を使用して活動します。しかし脳が老化してくるとブドウ糖がうまく使えなくなることもあるんです。
ブドウ糖が脳に行き渡らないと「新しいことが覚えられない」「記憶力が低下する」「記憶の出し入れがうまくいかない」ということが起こり始めます。
これはブドウ糖不足で脳が栄養不足のため起こる現象。
そんなときに役立つのがブドウ糖の代わりにエネルギーになる「ケトン体」。
ケトン体は中鎖脂肪酸から作られるため、中鎖脂肪酸100%のMCTオイルは脳に良いということになるんですね。

ケトン体が栄養になるおかげで認知症が予防できるわけ

脳が記憶力を活用できるのはブドウ糖などでエネルギーを作り、細胞を活性化させるため。脳細胞が活性化してくれるので記憶を保てたり、物を覚えることもできるんです。
ただブドウ糖が足りなくなれば物忘れが激しくなる。これはさきほども説明しましたね。
ブドウ糖が足りないと脳細胞を活性化させる栄養もなくなってしまう……。
そんなときにケトン体が活躍してくれれば弱っていた脳細胞が、目を覚まして活動を再開してくれるんです。
そのため脳に良いと言われるんですね。

まとめ

最近物覚えが悪くなってきた……と思ったら、ぜひMCTオイルを生活の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする