MCTオイルを使うときの注意点とは

olive-oil-1596417_1280

ケトン体質を作り脂肪が燃えやすい体質へと変身させてくれる効果が期待できるMCTオイル。
無味無臭なものが多いのでいつもの料理にも使いやすいですよね。
でも実は使用する時に注意しなければいけないポイントもあるんです。さっそくチェックしてみましょう!

MCTオイルを使うときの注意点を知ろう

加熱調理はNG!

MCTオイルを使用する際に加熱調理することはおすすめしません。その理由は熱を加えて煙が発生する発煙点がMCTオイルの場合は普通の油と比べてとても低いのです。
菜種油は244~248度・オリーブ油が177度~208度の発煙点ですが、MCTオイルは150度。
そのため揚げ物などに使用しようとすると、煙がすぐに出て危険なのです。

下痢になる可能性あり

MCTオイルには便秘を改善してくれる効果が期待できるのと同時に、もともとお通じが快調な人は下痢をしてしまう可能性があります。
そのためほとんどのMCTオイルには「お腹が弱い方はMCTオイルに身体を慣らすため、少量からお試しください」と記載されているはずです。
自分のお腹の調子と相談して摂取量を調節していきましょう。

まとめ

MCTオイルは体脂肪を燃焼しやすい身体に変身させてくれる効果が期待できますが、使用方法を間違えると危険な事態を引き起こすことに……!
注意点をしっかり把握して使用しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする